毎日タカラヅカ

タカラヅカファンライフをエッセイ漫画で綴ります。

MENU

朝夏まなとさんのお茶会「MANA TEA PARTY」に行ってきました!②

みなさんこんにちは、モモオです!

今はマイ・フェア・レディが全国に飛び回っている最中ですね!!大阪公演での出待ちのインスタが超〜楽しそうで超〜うらやましい!!と思っているモモオですよ!!あう〜その場にいたかったよ〜!!

 

前回は、朝夏まなとさんのお茶会報告パート①を書きました。

未読の方はぜひどうぞ!↓

www.myzuka.info

 

さて今回はその続きで、朝夏まなとさんのお茶会での出来事を、備忘録的に書き留めました。

あ〜、素敵な1日だったな〜!!と思い出すためにも!!

では行ってみましょう〜!

 

お茶会では初めに、宝塚を退団してからこれまで、朝夏まなととしてどう過ごして来たのかを、一気にお話してくださいました。何も見ないでずーっと話し続けるまあ様。話すのが上手だし、頭の回転が早いんだなぁ。なんて感心してしまいましたよ。

 

さてさてどんなお話だったのか、思い出せる範囲で思い出してみますよ〜。

アメリカ旅行&オンユアフィートの話が印象的でした!

お話の中で、特に面白かったのは、まあ様のアメリカ旅行の話でした!

これから舞台にたくさん出演するということで、ニューヨークなどで本場のミュージカルをたくさん観たというお話。インスタグラムでは、ニューヨークに行ったときの写真をたくさんアップされてましたが、その時感じたことなどをいろいろ話してくださいました!

その中でも、2018年12月に出演する舞台、「オン・ユア・フィート」を2回観劇したというまあ様。

1回目は観客として観て、2回目は自分がその舞台に立つ立場として観たのだそうです。1回目は楽しく観たけれど、2回目は、「自分がこれをやるの!!?これは大変だあ〜…!!!」と思ったのだそうです。

自分がその舞台に立つとイメージして舞台を見るなんて…想像するだに冷や汗もの…!!それを自分のものとしてこれから形にしていくんだから、女優さんて本当にすごいお仕事だなあなんて改めて思ってしまいました!

 

「オン・ユア・フィートは、ラテン系で、ふうーー!!って盛り上がる作品なので、みなさん大好きだと思いますよー!盛り上がりを期待してますから宜しくお願いしますねっ!」というようなことをおっしゃるまあ様。確かにまあ様ファンの皆様は、「ふううー!!ふぁあーっ!!」って言うのがめちゃめちゃ上手いので、今から楽しみです!!私は現場にいくと、「ふ・ふう〜…照」と蚊の鳴くような声で言ってます。すいません…。もうちょっとがんばりますから…オン・ユア・フィートは一人で見に行く予定だし…恥ずかしさを乗り越えてフーフー言いますよ!!

 

その場にいたファンの方が、

「オンユアフィート、すごい楽しそうじゃない!?やった、楽しみー!!チケットもっと買っちゃおうかな…」

「あんた、もう十分買ってるよ…無理だよ…」

って会話していましたよ!!

お茶会でますます盛り上がったオン・ユア・フィート!今から公演が楽しみですね〜!!

 

ドラマ「不発弾」の話もなんだかすごかった

WOWOWのドラマ「不発弾」でのお話もしてくださいました!

ドラマは初めてということで、勝手が全然わからない中、ものすごい緊張をしたというまあ様。舞台ではお稽古を重ねて本番を迎えるのに対し、ドラマはかなりぶっつけ本番のような形で演技をすることになるのだとか…。

このお話をしているときのまあ様のびっくり顔が面白くて。カルチャーショックで相当びっくりして、ひゃー!!って思いながら初めてのドラマ体験を終えられたのを想像すると、退団してからのこの一年の中でも、相当がんばったお仕事だったのだなあ!!と思うのです!ほんとにまあ様のチャレンジ精神には頭が上がりません…。

 

マイ・フェア・レディの初演の「イ・ケ・ル」

だんだん順不同になってきましたが、どんどん書いちゃいましょう。

なかでも笑ったのはマイ・フェア・レディ初演のお話。

退団後初めて、女性の役としての舞台に立つということで、さぞかし緊張したのでは!?というファンの予想に反し、まあ様は初演の日、ぜぇ〜んぜん緊張しなかった、のだそう!!

たくさん練習してきたし、やってきたことをやればいい、ファンはあったかいしだいじょうぶ!!って思い、「イ・ケ・ル!!」と思ったと北白川風に言うまあ様…。北白川をひっぱるまあ様が好きです。いつまでもやっていただきたい。いや〜、でもあんなに新しいことへの挑戦盛りだくさんだった舞台で、そんな余裕を持っていたなんて、すごすぎる。

切り替えの話(1)「かっこいい」から→「かわいい」

ファンの方からの質問で、「かわいいと言われるのとキレイと言われるのではどっちが嬉しいですか」という趣旨のものがあり、「ええ〜!?え〜!?」と困っているまあ様という1幕がありました。

私が観察するに、ファンのかたの99.9%は「かわいい」と言っていますね!!なんかもう口から自動的にだだもれていますね、みなさん!!

以前は…退団前の…出待ちの時とか…マナイズムのときとか…まあ何やかや…みなさん、「かっこいい」って、言ってたと思います…それが…もうすっかり「かわいい」にシフトしているんですよ…

切り替え早い!!

まあ私もかわいいって言っちゃったけれども!!

でも「かっこいい」って言ってきたのが急に「かわいい」になるから頭のなかがちょっと「!?!?」ってパニック起こしましたよ!!

「かわ…、え…?かわいい…?いやかっこいい?いやいやかわいい」

みたいな独り言言ってるの本当我ながら怖い。

 

切り替えの話(2)日常生活における男から女へのシフトはこんなところにも

男性の共演者の方に、「どう?元気?」みたいな風に気にかけてもらうという体験をしているというまあ様。

「あれ?これまでは自分がやってきたことなのに…」って不思議に思ったという…笑。

娘役の皆さんに、男役として、舞台の上だけでなく、日常生活で、「かわいいね」「調子どう?」とか声をかけるよう努めていたというまあ様…。

この話、わかっていたはずなのに、なんだかびっくりしてしまったモモオです。

「どう?」って声をかけたり、「きれいだね」なんて褒めたりする態度というのは、男性的なものだったのか。ということを改めて認識いたしました。決してそれが男性の役割ということではないのだけれど、文化的に男性的な態度ということか。って思いまして。そして男役の皆さんが、当たり前のように、普段から娘役のみなさんに男性としての気遣いをしているのか…と思うと本当に男役の文化って凄まじいなと思った次第です。うーん、はかりしれん。

 暁のハルモニアの話

ますます順不同になってきたけれども、暁のハルモニアの話も出ました。

この中で、まあ様は昔、自分の声にコンプレックスがあった、というお話がありました。以前にも、そういうお話はいろいろなところでしていたかと思いますが…。

 

私は、まあ様のファンになったきっかけの一つとして、声の魅力があるので、改めて、いろいろ試行錯誤を重ねてきて今の発声があるんだなあ〜と思った次第です。

個性的で艶があり、聞けばすぐまあ様とわかる声。

少年ぽさ・中性的な響き、これがすごい魅力だと個人的には思っています。

暁のハルモニアでのアマーリエ様は大人の女性だったけれども、この中性的な響きが、アマーリエの知性を想像させたと思います。

男役をやっていたまあ様なので当たり前といえば当たり前だけど、いわゆる女性らしさ、というよりも、やはり少年的な無邪気さだったり、中性の時代の女性であっても男性と同様に知性を光らせているような女性だったり、いわゆる「現代的な女性らしさ」という表現もまあ様の得意分野ではなかろうか。

 

いつもモモオが言っているのは声優さんのお仕事もやってくれたら素敵だな〜ということです。少年らしさ、凛々しさといったものがある貴重なお声だと思うので。声優さんはまた舞台とは違った技術が必要なのだと思うのですが、暁のハルモニアでさっそく他の出演者の方々をみて、やり方を見て盗む!!を頑張っていたというまあ様なので進化すること間違いなし。

舞台女優としてのまあ様を観る際にも、まあ様の声の魅力がどんどん光っていくことをとっても楽しみにしているのです!!

…と真面目に語ってしまった!!お茶会の話してたのに!!

 

ってことで…お茶会備忘録と称してまあ様愛を語るモモオでした!!

全国のまあちゃんイライザの進化っぷりもSNSで皆さんから報告が上がっていますね。マイ・フェア・レディを完走して、次はオン・ユア・フィートでフーフー言いましょう!ああ忙しい!!