毎日タカラヅカ

タカラヅカファンライフをエッセイ漫画で綴ります。

MENU

MANA-ismでまぁ様に会えた話〜ハイタッチ編〜 その1

MANA-ismでまぁ様に会えた話シリーズ、ハイタッチ編をお送りします。

前回までで、ファンクラブのアフターイベントにて、まぁ様とハイタッチできることが判明し、フラフラになりながらまぁ様の元へと向かう我々ファンたちの姿について描いてまいりました。

やっと続きが描けたのでアップいたします。待っていてくださった方がいらっしゃったとしたら大変お待たせいたしました!!

 

前回までのお話はこちらからどうぞ!

www.myzuka.info

さぁ、いざ、まぁ様とのハイタッチに臨んだその瞬間を思い出してみましょう…

うふふふ…

f:id:myzuka:20180506165358p:plain

まぁ…

このあたりのことは…ほとんど覚えておりませんよ。

なんつうか、もう息止まってますから。

気づいたら、もう目の前にまぁ様が…

f:id:myzuka:20180506165430p:plain

f:id:myzuka:20180506165459p:plain

まぁ様…ものすごい目を合わせてくださいました。

一人一人のファンに、まぁ様と会えたのは夢じゃない!!ということをわからせるため(違うか…)、ほんとに一人一人丁寧に応対してくださいました…。親切丁寧な普段のまぁ様の性格が伝わってくるようで、嬉しかったなぁ。

しかし、モモオは…びびりすぎて、ものすごい心配そうな顔でタッチしてしまい…。

まぁ様も眉毛がその瞬間すごい困り顔になってて、あっ、私がすごい困ってる顔しているからだッ!!って思いました…。うう、すみませんまぁ様…。

でもあんな困り顔を初めて見れて幸せでした…ふふ…(まぁ結果なんでも幸せっていう…)

 

そうそれから、ハイタッチのはずなのに、すごいロータッチになってしまって!!笑

だってまぁ様すごい背が高いんだもん!!他の方もそうだったのかしら?

ただでさえ背が高いのに、結構なハイヒールを履いているから、ものすごい上から長〜い腕が伸びて来て、「そっ…」とロータッチ!!

この「そっ…」というのがとても良かったんです。おずおずと伸ばしたその手に、テンションを合わせてくださったまぁ様でございました。

 

そしてそして、みなさん一言ずつ何か言いながらタッチされてたようですが、私はもう感謝の気持ちしか出てこなくて、「ありがとうございました」とビビりながら言ったら、まぁ様からも「ありがとうございました〜」と返してくださり、生声を我が耳でとくと拝聴いたしましたよ!!!やっぱまぁ様の声はアルファー波出てる系!!!声優もいけるかなと思うような!!!うおおお!!!!(思い出して興奮するモモオ)

 

あかんな…これ…マイ・フェア・レディまでもつんかな…まぁ様ロス…

 

ハイタッチ編、その2に続く!!!